●マルイの人事制度

 現在の社会は国際的にも国内においても、あらゆる面で『変革』の時代といえましょう。人々の価値観の違いからの生活観、人生観も多様化し、真の豊かさや人生の目標も画一化できない社会が形成されています。
 マルイも『変革』の時代の中で、スーパーマーケット本来の役割を全うし、お客様の満足と笑顔を創造することが大切であると考えています。
 その考えを基に、お客様から『選ばれる店づくり』を進め、より信頼される店を構築して、厳しい競争に勝ち抜いて行くのに最も重要な点は『人』であると考えています。一人ひとりにチャンスを与え、能力が向上し、店(企業)のレベルを向上させる。それがマルイの人事制度です。


●やった人により報いる人事制度

 『選ばれる店づくり』のためにお客様へ熱意を持って、高い意識で発想して仕事に臨むことが、より良い結果につながる。熱い思いに裏打ちされた努力が実を結ぶ喜びは素晴らしいことです。そして、その成果が公正で公平な評価として、昇進昇給昇格等につながり、さらなる個々の能力の向上の糧になる要素であると考えています。
 また働きがい、生きがい、やりがいのある働きやすい職場環境づくりも重要な要素です。従来の社員、その補助要員としての位置付けだったパートの制度から能力をより活かそうと(1)社員、(2)特定社員、(3)定時社員の雇用区分を導入しています。
 (2)の特定社員とは売場チーフはもちろん、店長もできる『人』に対して勤務地や勤務時間など働く条件が緩和された中で能力が発揮できる制度です。(3)の定時社員は従来のパートの位置付けですが、能力や本人の意志などで社員、特定社員への登用が簡素化された制度で数多くの特定社員が活躍しています。


●男性の育児参加のための職場環境作りを推進

 少子化に拍車が掛かり、大きな社会問題として影響も出ています。育児・介護休業制度に代表される、安心して働ける職場環境づくりもとても大切なことで、流通業界も避けて通れない問題として、販売面や雇用面など、既に様々な対策が成されています。
 マルイは女性はもちろん、父親である男性も育児に携わることができる働き方の見直しや制度の構築を進めることによって安心して働けることができ、地域杜会への貢献ができると考えています。『選ばれる店』『人で勝てる企業』はそんな風土の中で育まれると考えています。